NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

宝塚 情報

チケットの入手はやはり「宝塚友の会」が頼りになった話

2020年7月27日

7月24日に近隣のヅカ友との話題になったことといえば、

東京宝塚劇場で7月31日から行われる星組公演「眩耀(げんよう)の谷~舞い降りた新星~」と「Ray-星の光線―」のチケットが入手できたか否か

 

24日は宝塚歌劇団公式ファンクラブ「宝塚友の会(通称:友会)」の選考チケット販売第2抽選の発表日でした。

これでだめなら、一般の方と先着順で競り勝たなければいけません。

根性がないから勝てる気がしない~

 

今回の抽選結果を受けて、宝塚のチケットを入手したいなら「宝塚友の会」に入会しておくべきだな、と強く思ったので、その理由についてお伝えしたいと思います。

 

星組公演のチケットは入手できたのか

結果から言いますと、無事に2枚入手できました。

ちなみに、2枚申し込んで2枚当たったので当選確率100%。

そして、2人のヅカ友の様子を聞くと3枚申し込んで3枚当選、2枚申し込んで2枚当選。

S席でもB席でも、土日でも平日でも関係なしで、私たち全員100%の確率でチケットが当たりました

当たりすぎて怖い。

今まで安定の落選だったのに、友会が急に親友になりました

 

なぜこんなに当たったのか3つの理由を考えてみた

通常、東京での公演は宝塚での公演よりも何倍も当たりにくいです。

申し込み上限の12公演申し込んでも1公演も当たらないことなんて日常茶飯事

いつもなら、「友会」じゃなくって「知人以下」だよね~なんて冗談を言うところ。

そんな東京公演なのに、なぜこんなにチケットが取れたのか。

ここからは想像ですが、3つの理由があると思います。

コロナのせいで劇場に行くことを躊躇している人が多い

宝塚は親娘三代でも楽しめる娯楽。

お年を召したお客様もたくさんいらっしゃいます。

コロナは特に高齢者は重症化するという報道もありますし、換気を良くしているとはいえ同じ空間に複数で一定時間いるのを避けたい方も多いのでしょうね。

万が一を避けるためにも、賢明な判断だと思います。

確実に本人が観劇できる日しか申込みしていない

これまでは、転売対策としてSS席は公演日当日でないと発券できなかったのですが、今回はすべての席が当日発券となったので事前に転売することが難しくなりました。

自分がいけなくなったから他の人に、ということができなくなったので、自分が必ず行けるところだけを慎重に申し込むようになったのだと思います。

もちろん転売ヤーが参入しなかったのも大きな理由ですね。

本人確認や返金があった時に会員の方が都合がいい

もし自分が劇団の立場だとしたら、すでに連絡先などの身分のわかっている公式の会員を優先に座らせたいと思います。

なぜなら、いつ、どこでコロナに感染した人が現れるかわからない近頃。

想像したくないことですが、もし公演が中止になった場合など、返金の作業が発生した際も一般の割合よりも連絡が付きやすい会員を多めに座らせた方がその後の手続きがスムーズにいくと思うからです。

 

公式ファンクラブ「宝塚友の会」以外でチケットが入手できる?

通常は、eプラスやチケットぴあなどのプレイガイドや、カード会社や企業の貸し切り公演など様々なところで先行申し込みを受け付けていますが、現在はすべて受付をしていません。

しかし、聞くところによると、生徒さんについている非公式ファンクラブ(通称:FC)ではお取次ぎをしてくれるところがあるそう。

ただ、すべてのFCでお取次してくれるのかどうなのかは不明です。

学年によっても配分されるチケットの数は変わりますので、一概には言えないところですね。

ただ、非公式でもFCでは誰にどの席を渡したのかがしっかりわかっているので、万が一の際の後追いができるという点では友会同様に使い勝手がよいからですかね。

 

友の会優先公演はぜひエントリーしてほしい

宝塚大劇場と東京宝塚劇場での公演には、毎回「宝塚友の会優先公演」という公演が設定されています

通常だと全日程のうちに3公演くらいが優先公演になっています。

今回の星組東京公演は、企業の貸し切り公演もないからか5公演が優先公演に設定されていました。

しかも土日ばかり。

通常、土日の設定は、3公演のうち2公演くらいの印象です。

 

絶対ではないですが、経験上、友会優先公演はやはり当たりやすいです。

しかも私の経験上では、当たった時のお席がセンターブロックであることが非常に多いです。

今回もセンターブロックのかなりセンター寄りのお席で、9列目が当選していました。

 

私もご贔屓様がいる組では「贔屓がこっちから出てくるから端っこでもいい!」という舞台構成完全無視なこともあるのですが、舞台全体をみるならやはりセンターブロックが一番。

センターブロックだと照明の当たり方や音楽の聞こえ方、舞台の見え方が全然違うので、物語の世界にしっかり入り込めます。なので、例え最後列になったとしてもセンターブロックで観たい派です。

FCの申し込みや先着順での申し込みだとなかなかセンターブロックのお席をゲットすることは難しいと思うので、宝塚友の会優先公演の抽選にかけてみるのはおススメです。(もちろん、絶対ではないですが)

 

まとめ:東京公演の再スタートに向けて

友の会に加入して約8年ですが、「全然当たらない」という時期もやってきましたし、「怖いくらいにSS席が当たりまくった時期」もあります

そんな山も谷もある「宝塚友の会」ですが、このような有事の際には公式ファンクラブに入っていることが役に立ったのかな、と思います。

もし迷っていたら、ぜひこの機会に加入されるのもおススメです。

 

やっと東京公演も再スタートが間近となってきました。心の底から楽しみでしょうがないです。

でも、手放しで安心せずに、これからますます体調管理に気を付けてきちんと観劇できるように毎日を過ごしていかなければいけませんね。

-宝塚, 情報
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5