NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

たわごと 宝塚

れいこちゃん(月城かなと)にトップになって欲しいはずなのに、二番手も捨てがたい話

2020年9月16日

次期月組トップスターは誰になるのか

いつ発表になるのか。

月組ファンの私の最近の関心事です。

 

このまま順当に行けば、既に二番手羽根を背負っているれいこちゃん(月城かなと)でしょう。

れいこちゃんの

  • 心のある深いお芝居
  • 優しい歌声
  • 肩の動きが特徴的なダンス
  • 娘役と並んだ時の骨太な安定感
  • 透明感がある肌
  • 隙のない美貌

がとても好きです。

私はれいこちゃんのファンなので、いずれはトップになってほしいと思っています。

でも・・・正直たま様(珠城りょう)の後ではなくていいとも思っています。

 

つまり、もう少し長く二番手をやってほしい

 

今回は、単なる私のわがまま話なので「ふーん、こんな風に考えるんだ」くらいでお付き合いいただけたら幸いです。

個人の勝手なたわごとなので、根拠も信憑性もなにもありません。

 

二番手男役時代は、更に輝きを増す大事な期間

「おいしい役」が多くて実力がつく

宝塚でいちばん魅力的な役を演じるのは、文句なしにトップスターです。

どこから見てもかっこよくて、正義感が強くて、ダメなところがあっても愛おしい存在だったりして、最終的には素敵な印象を残して幕が下ります。

トップスターが魅力的に見えるとき、二番手男役とバランスが取れた「おいしい」お役を演じていることが多いです。

相乗効果ってやつですね

例えば、

敵役なら

「スカーレットピンパーネル」のショーブラン

「ロミオとジュリエット」のティボルト

 

親友役なら

「メランコリックジゴロ」のスタン

「愛するには短すぎる」のアンソニー

 

などなど。

敵役をしっかり務めようと思ったら、トップスターと互角に張り合えるだけの輝きが必要になりますし、

親友役をするなら、トップスターと肩を並べられるだけの堂々とした振る舞いが必要になります。

二番手を経てたくさん経験を積んだスターは、トップになったとき一層輝く。

そう思います。

 

役の幅が広がりより魅力的になる

宝塚はトップスターありきで演目が決まります。

そうなると、二番手男役はトップスターに合わせて何者にでもならなくてはいけません。

「二番手が出来ないから、この演目はやりません」なんてことはありえないわけです。

 

例えば・・・

宝塚でも非常に有名な「風と共に去りぬ」

渋すぎる主人公のレッドバトラーはトップスターが演じます。

そのバトラーから思いを寄せられつつ、激動の時代を生きるスカーレットは二番手男役が演じます。

そう、女役。

 

女役を演じたことのある男役スターさんは、娘役の大変さを知り、

自分が男役としてどうやって居るべきなのかを学んだ、と仰るのを何度か聞いたことがあります。

娘役や女役、敵役や親友役、

トップスターと直接絡むことが多くなると、相手役になっても見劣りしないようにさらに魅力を増してくるのだと思います。

 

組子との絆を更に深める時間が欲しい

新人公演時代を雪組で過ごしている

れいこちゃんの組替えは、2017年。研9の時でした。

研7までが切磋琢磨する新人公演時代は雪組で過ごしてきたことになります。

私はタカラジェンヌになったことはないので、想像するしかないのですが、

仕事でもこういうことないでしょうか。

 

例えば大きなプロジェクトを悩み、ぶつかりながら一緒に作り上げてきたメンバーは、

時間が経ってまた別のプロジェクトを任されても、互いを信頼して仕事に取り組むことが出来ますよね。

 

それが、新人公演で切磋琢磨してきたメンバーとは太い絆で繋がれている、ということと通じる気がします

しかし、れいこちゃんは月組時代に新人公演の経験がありません。

ご本人もよく言及していますが、あまり社交的なタイプではなく下級生をぐいぐい引き連れていくタイプでもない。

お芝居を一緒に作り上げていけば、その姿勢から人柄も誠実さも伝わる方ですが、

もっとたくさん下級生とも絡む時間がある方が、トップになった時にも大きなサポートを受けて安心して舞台に立てるのではないでしょうか。

 

正式な二番手の経験が少ない

二番手の期間がないことが悪いとは言いません。

ただ、二番手として近いポジションでトップスターの苦悩や重責を見て、支える経験は、

必ず自分がトップスターになったときに生きてくると思います。

 

れいこちゃんが二番手羽根を背負ったのは、2019年に公演した「I AM FROM AUSTRIA」が最初。

つまり、二番手として大劇場公演を行ったのは、現時点でまだ1回だけ

 

しかも、轟さん(轟悠)主演の「チェ・ゲバラ」もケガで休演しており、トップスターを支えるという経験が少ない気がします。

確かに、1学年上のたま様が現トップスターなので、多少近い存在ではあるかもしれません。

しかし、自分事としてさらにトップスターの姿を身近で見ていくことで、

きっとたくさん学び、余裕のあるトップスターになれる気がします

 

 

とここまでツラツラ

二番手でいて欲しい気持ちを書いてきましたが、

もちろんいつかはトップスターとして大階段を下りて欲しい! ただ、

もうちょっとだけ、待ってくれー!!

という、私のわがままを正当化したいだけの話です。(笑)

 

誰がトップになるのか?

95期でそろえるつもりなのか?

「劇団は全組のトップスターを95期で揃えるつもりなのでは?」

噂の域はでませんがずっと言われていますね。

確かに、花組、星組ともにすでに95期がトップスターとなっています

そして各組で95期が存在感を増しています

しかし、先日次期雪組トップスター就任が発表された咲ちゃん(彩風咲奈)は93期ですし、

宙組の現二番手スターのききちゃん(芹香斗亜)も同じく93期

もちろん、雪組も宙組も93期の後に95期がトップスターになる可能性もあります。

ただ、その時、既にトップスターになっているカレーくん(柚花光)と琴ちゃん(礼真琴)が卒業していないとのも限りません。

というより、正直

全ての組を95期そろえる意味、、、別にないよね・・・

と個人的には思います。

同期萌えが発生する可能性があるくらい?同期萌え大好きだけど

 

他組から誰か組替してくるのか?

専科に所属する、かちゃ(凪七瑠海)が次期月組トップスターになる可能性もある?

と突然スケジュール上に現れたバウホール公演かちゃ主演の「パッション・ダムール」をみて、

ひとり勝手にざわついています。

 

かちゃは、現雪組トップスターのだいもん(望海風斗)と同期の89期。

宙組に約10年、月組約3年、専科約3年と経験的には十分すぎるくらい積んでいますし、古巣である月組もご存じです。

しかも、エリザベートのシシィ役を始め、女役もやってきているくらい役の幅は広い方。

 

以前、雪組トップスターに壮さんが(壮一帆)が就任したのが、研17の時。

研8でトップ娘役に就任したあゆっち(愛加あゆ)とは、アダルトさが漂うだけでなく、組全体に流れる壮さんの包容力や上級生の余裕が魅力の一つでもありました。

和物も良くお似合いでしたよね~

 

もし、かちゃが月組トップスターになるのであれば、

その人柄と話術できっとれいこちゃんもなつきながら(笑)いろんなことを学べるでしょうし、

上級生としてのダメだしからの成長の機会も多く得られる気もします。

そして、第二のひらめちゃん(朝月希和)のように海ちゃん(海乃美月)がトップ娘役になれるかも・・・!

本当はれいこちゃんと一緒にトップ娘役になってほしいですが・・・(いつも言ってる)

 

まとめ:あーだこーだ言っても、ありのままを受け入れるのみ

ここまで読んでくださった方、私のわがまま放題のどうでもいい話に

お付き合いいただきありがとうございました。(笑)

過去の舞台をみていると、二番手男役のお役を魅力的に思うことが多いので、

つい「まだ二番手でいて欲しい・・・」と思ってしまいます。

 

でも、トップになれるのはひと握りの人たちで、タイミングや運も非常に大きな要素

そのタイミングにいられただけできっと幸運ですね。

「立場が人をつくる」とも言います。

今後どのような発表があるかはわかりませんが、ありのままを受け入れて、これからも変わらず応援していく所存です!

-たわごと, 宝塚
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5