NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

暮らし

伝わる文章はコミュニケーションを豊かにする 「伝わる・揺さぶる!文章を書く」のレビュー

2020年8月28日

あなたは誰かに向けて文章を書くことがありますか?

上司や同僚とコミュニケーションをとるためのメールだったり、

ご贔屓様に応援の気持ちをを届ける手紙だったり、

はたまた転職活動で自分をアピールする文章を書いたり。

 

そんな中で

  • なんか言っていることが食い違うな
  • どうして分かってもらえないんだろう
  • なんか伝わってない気がする

と思うことはないでしょうか。

 

そんな「なんか違う」のズレを、また言葉で埋めていかなきゃならない私たちにとって

人に言葉が伝わるためには何が必要か?

技術的な実用面だけでなく、たくさんの例えを交えたエッセイの形で気付きを与えてくれるのが、

今回ご紹介する「伝わる・揺さぶる!文章を書く」です。

この本を読むことで、コミュニケーションとしての伝え方を理解することができます。

しかも後半には、6つのケーススタディ付き

  • 上司を説得する
  • お願いの文章を書く
  • 議事録を書く
  • 志望理由(自薦状)を書く
  • お詫びをする
  • メールを書く

更に実用にも踏み込んだ理解の助けになります

 

全体を通して例えが豊富で想像しやすかったので、するする読めました~ 

 

大切なのは7つの要件を満たす「問い」

この本の中で、まずとてもよく目につくのが「問い」です。

その文章は、最終的に誰に読まれ、どうなることを目指すのか

ゴールが違えばどのように文章を書いていくのかも変わっていくということです。

クレームを受けたのに、相手の気持ちに寄り添わず、ただすみません、を繰り返す文章を受け取っても、全く気持ちが動かない、というのは、想像できますよね。

そんな文章にならないために、本書では7つの要件を押さえることが必要と言っており、

それぞれについて詳しく、そして易しい例を挙げながら解説をしてくれています。

7つの要件とは

  • 意見:あなたが一番に言いたいことは何か?
  • 望む結果:だれが、どうなることを目指すのか?
  • 論点:あなたの問題意識はどこに向かっているか?
  • 読み手:読み手はどんな人か?
  • 自分の立場:相手から見たとき、自分はどんな立場にいるか?
  • 論拠:相手が納得する根拠があるのか?
  • 根本思想:あなたの根本にある思いは何か?

 

どれも読みながら首がもげそうに頷いていたのですが、

その中で自分が特に参考になったのが「意見」「論点」「根本思想」です。

 

 

意見

自分の意見を発見する方法

「自分の意見を発見する」って変な響きですよね。

でも実際に例を読んでいくと、

「自分の意見が発見できていないから相手に通じない」

という状況がよくわかります。

私もよく自分の中にはっきりした答えや主張があるときほど、「なんで伝わらないの!?」

とイラっとしてしまうのですが、

この本で紹介されている「意見を引っ張り出す方法」をしていくと、

意外とやっているつもりだったのに結論に至るまでの自分の意見を出せていなかったと気づきました

 

「問い」は時間軸と空間軸へと視野を広げて行う

「今後の抱負はなんですか?」と聞かれたとき、どうやって考えますか?

会社の面談でもよくありますよね。

なんかすごく大きくて漠然とした答えづらい質問。

 

そんな時、現在の自分の立ち位置から答えを出そうとするのではなく、時間軸と空間軸を使いながら、細かい問いに変えていくという方法が紹介されています。

本書ではもっと詳しく紹介されていますが、ざっくりまとめるとこんな感じです。

時間軸で問う方法

自分自身の過去・現在について細かく問うことで、将来のことを考える方法

空間軸で問う方法

自分が社会にどう貢献できるか、どんな存在でいることを求められているのか、今のチームは今後どんな展開をしていくのか、という自分以外のことから「問い」を投げかける方法

質問に最短で回答することだけにとらわれず、遠回りでも広い視野をもつというのは、頭の整理にとても使えるのだと納得しました。

 

論点

論点はテーマのことではない

人の会話を聞いていて「あの人たち、話がかみ合ってないよね」なんて言うことありますけど、

「論点があっていない」という意味に置き換えられます。

でもそもそも論点ってなんでしょうか?

論点とは、本書の中でこう説明されています。

どのような問題を、どのような角度で扱っているかということを指す

ことで、とてもよい例として挙げられていたのが、雑誌「BRUTAS」のタイトル。

 

例えば

「エルメス徹底研究」

「ブランド(エルメス)-3年待ってもケリーバッグが欲しい理由。」

 

「男性カジュアルウェア特集」

「男性ファッション―なぜ、日本男子はカジュアルが下手なのか?」

前者はテーマ、後者は論点を述べています。

前者は何について書いてあるかだけはぼんやり分かりますが、後者はそれに対する「問い」や「独自の意見」が含まれています

これがテーマと論点の違いなので、テーマだけで話していると話がずれにズレまくってしまい、かみ合わない状況が生まれてきます。

 

根本思想

相手の心を揺さぶる文章を書きたい!と思ったことはありますか?

大切な人へ送る手紙とか、転職活動中なら採用担当者もそういう対象になりますよね。

ちょっと精神論的な話にも聞こえますが、勇気をもらえる考えだな、と思ったのでご紹介します。

 

意見は、ちょうど氷山の見えるところのようなもので水面下には、その何倍もの大きな、その人の生き方・価値観が、横たわっている。それが「根本思想」だ

と述べられているように、どんなに隠そうとしても自分の考え方は、文章を読んでいる相手になんだか伝わってしまうようです。

だからこそ、本書では、恰好をつけないで自分の生き方を正直に書くことを戦略にしようと言っています

簡単なことではないこと、すごくよくわかります。

でも、これが本質なんだな、と思わされる言葉です。

自分の腑に落ちるまで、自分の生き方に合った言葉を探し、言葉を発見し、自分を偽らない文章を書くことにとってのみ、読み手の心は動くのだ

正面から考えるとすごく難しいけど、手に入れたら何十倍も自分を自由にしてくれる力になりそうですね。

 

まとめ:「なんか」の違和感を感じるたびに読みたい

相手の心に届けようとして自分をいい風に見せようとしたり、伝わらないことに嫌になって伝える努力を放棄したり。

私もいつもやりがちなこの問題。

「もっとこういう考え方もあるよ、どう?」と傍でアドバイスをくれるような本だな、と思いました。

これからの文章を書く上で、心にとめておきたくもあるし、

つまづく度に、そしてつまづかなくても「なんか」コミュニケーションに違和感を感じた時にでも開きたい本だと思いました

-暮らし
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5