NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

たわごと 宝塚 情報

関東住みでも聞けます。今回のビバ!タカラジェンヌのゲストは月城かなと

現役タカラジェンヌがゲスト出演するラジオ関西の番組。

ビバ!タカラジェンヌ

11月2日(月)放送のゲストはれいこちゃん(月城かなと)でした。

 

今回は、ツボをざっくりとお伝えしたい!と思っていたら普通に番組内容を書いてしまう回となりました・・・。

 

だがしかし、れいこちゃんの声は癒しのパワーがありますので、ぜひラジオを聞いて欲しい!

放送は終わってしまいましたが、ラジコ(radiko)のプレミアムプランならタイムフリー機能で1週間内なら聞くことができますので、ぜひ気になる方は聞いてみてください。

ラジコ(radiko)公式サイト

【情報】宝塚スカイステージ(スカステ)やカフェブレイクなど宝塚の情報収集に欠かせないメディア

宝塚歌劇が気になるようになったら、タカラジェンヌの情報をいろいろと集めたくなりますよね。 現在はコロナという非常事態が発生したために、You TubeやインスタなどのSNSでも公式に映像が見られるよう ...

続きを見る

お茶会の代わりとはいかなくても、声を聞いても癒される

今回はコロナ禍ということもあり、パーソナリティの小山さんとアクリル板を挟んで向かい合い、マスクをつけたまま収録したそうです。

マスクしているように思えないほど、2人とも声が通ってた!

 

いつも思うのですが、パーソナリティの小山さんは、昔から知っている近所のおばさんみたいな感じで話しかけますよね。それがまたツボです(笑)

 

れいこちゃんの第一声は

「お疲れさまでしたー!よろしくおねがいしまーす!」

か、か、可愛い・・・!!

この可愛さを、文字では表せないのがつらい。(すいません、贔屓です)

シャルルおじさんをやっていたとは思えないほどの、優しくほんわりした可愛い声なんです。

舞台での男役の声も優しくて好きなのですが、普段の声も落ち着いていて、好きだなぁと思う瞬間です。

笑い声は安定のウフェッフェッフェッですけど(笑)

 

番組中で全部で3曲流れました。

1曲目は、ショーの「WELCOME TO TAKARAZUKA」から「それが宝塚」

この曲は、私の友達曰く「NHKの親子番組で流れてる曲みたいで、頭から離れない」とのこと(笑)

2曲目は、最近れいこちゃんがよく聞いて口ずさんでいるというBTSの「ダイナマイト」。

結構前からBTSお好きですよね~


ていうか、この曲の再生回数5億回以上!?凄すぎる。(2020年11月3日現在)

 

3曲目は、お芝居「ピガール狂騒曲」シャルルが歌う「夢のかけら」

メロディも素敵で、歌詞も観ている情景が浮かぶような曲と紹介されていました。

 

7か月ぶりの舞台

初日が本当に無事に開けられるか、ギリギリまで心配していたそうです。

そして、迎えた初日は、久々なので緊張するかと思いきや、お客様からの拍手で温かい気持ちになり、これまでに感じたことのない初日だったそうです。

組子もみんな心から楽しんでいる感じがしたし、やっぱりお客様が見に来てくださらないと成り立たないし、やっている方も生の舞台がいいなぁと思ったとのこと。

小山さんも仰っていましたが、客席側もいつもになくドキドキとした気持ちだったですよね!

 

ショー「WELCOME TO TAKARAZUKA」について

れいこちゃんにとっては初めての日本物のショー。

憧れの若衆で、ずーっと若衆のかつらが被りたかったので嬉しかったそうです。

 

おだちん(風間柚乃)との鏡のシーンは、珍しい構成でクラシック音楽に合わせてお芝居から始まるのが斬新だし、毎回新鮮にできるのが楽しいそうです。

振り付けの先生からは、

宝塚の一人の役者が男役として舞台に上がるまでを表現したいから、あまり日舞と思わずいつも皆さんがやっているような宝塚っぽくやって欲しいと言われたそうで、そこまで「日舞」って感じでもない様子。

とはいえ、着物と若衆姿なのでうまくさばいて派手に大きく見えるようにやっているという工夫はあるそうです。

このシーン、10月の中旬に観た時よりも、千秋楽の方がもっと表情が豊かで、気持ちの盛り上がりが分かったような気がして素敵でした。

 

初舞台生について

お化粧について、初舞台生がちょうど今日一人聞きに来てくれたんです。えへへへへへ。

と嬉しそうに話していらっしゃいました。

相槌とか、この「えへへへへ」が本当に可愛い!!

 

「あの時こうしておけばよかった」という話の中に、下級生時代にもっと上級生さんにいろいろ聞けばよかった、という話をされるのを聞いたことがあります。

れいこちゃんも、聞いてきてくれたのがとても嬉しいしできることは教えたい。月組で初舞台を踏んでもらっている間、力になりたい。

と言っていたので、美貌で目がつぶれそうでもしっかり聞きに行けた初舞台生は偉いです。(謎の立ち位置)

 

自分もそうだったけど初舞台生は、「何が何だか分からない」という状況になることが多いもの。

でも、今年の初舞台生は、舞台に立てるまでが長かったこともあってか、しっかりパフォーマンスするんだ!という想いを高めて待っていた分、しっかりしている気がするそうです。

 

にっくきコロナですが、ある意味舞台に立てた感動やそれまでもの気持ちの鍛錬は得難い経験だったのかもしれないですね。

106期生はもういいことしか待っていないと思って、これからも頑張って欲しいです!

 

お芝居「ピガール狂騒曲」について

シャルル・ジドレールかっこいい!と小山さんが絶賛されていました(笑)

演出の原田先生には、

「もっともっと派手に派手に」

と言われたので、海外の俳優さんや映画を研究して、この時代のかっこよくてちょっと強引な男性を目指して役作りしたそうです。

今回はお衣装もベロアで重厚感のあるお衣装ですし、髭も付けているので、それに負けないように大きくどっしりとした感じを出したいな、と。

先日のライブ配信を観たお友達からも、れいこちゃんの見た目はイケおじなのに、可愛くて、ちょっと自分勝手で、でも夢見る純粋なおじさんが好評でした(笑)

 

れいこちゃん的には、お客様がマスク姿なので笑っているのかどうなのか分からずちょっと不安になるときもあるそうですが、マスクの中では笑ってくださっているといいなと思いながらやっているらしいです。

 

小山さんから

「ちょっとしたドタバタかと思ったけどしっかりしたドタバタだった」

「みんないろんなことをしているから、真ん中だけみていられない!」

と絶賛されていましたが、本当にその通りだと思います。

 

れいこちゃんも、

ドタバタしつつも、皆がしっかり生きているっていう感じがこの作品の良さかな、

と仰っていました。

月組は芝居をするのがすごく好きな組なので、ドタバタだけどリアルにその時生まれた感情でやっているし、皆がはしっこのほうまで、ちゃんとお芝居しているからそういう所も観てほしいし、たぶん一回じゃ見切れないと思います!

とのこと。

120%同感

 

れいこちゃんは月組へ組替えしてから、今もずっと、芝居が好きな月組でお芝居できることを本当に喜んでいる気がします。

いろんな組の個性がありますが、同じく芝居が好きなれいこちゃんにとって、すごく居心地がいいんだろうな、と感じます。

 

東京公演への意気込みを聞かれて

前回も名古屋だったので、今年はまだ1度もしていない東京公演。

お正月にピッタリだと思うし、二つとも宝塚らしい作品なので、たくさんの人にみてもらいたいし、観て元気になって帰ってもらいたい、と仰っていました。

最後は、

皆さん、マスクしてリスクのある中来てもらっているので、こちらも全力で楽しんで笑って帰ってもらえるように頑張ります!

と締めていらっしゃいました。

マスクや消毒などの対策をしつつ、楽しいお芝居で笑って免疫力をあげたいですね!

再来週のゲスト、ききちゃん(芹香斗亜)について

キキちゃんとはあんまりお話したことがないそうです。

でも、すれ違う時に挨拶すると笑顔で返してくれるのが個人的にすごく嬉しい、と人見知りの発言をされていました(笑)

実は、ききちゃんが花組時代の「金色の砂漠」で演じられたジャーが大好きだそうなので、今度話かけてみようと思います!とのこと。

めっちゃ緊張して声かけるれいこちゃんが目に浮かぶー・・・(笑)

 

来週はOGのあーちゃん(綺咲愛里)がゲスト。

その次がキキちゃんの番になります。

 

ビバ!タカラジェンヌを楽しむために

ラジオ関西が聞けないエリアに住んでいる方は、この「ビバ!タカラジェンヌ」を聞くためにはradikoのプレミアムプランに登録する必要があります。

こちらでもご紹介しています。

【情報】宝塚スカイステージ(スカステ)やカフェブレイクなど宝塚の情報収集に欠かせないメディア

宝塚歌劇が気になるようになったら、タカラジェンヌの情報をいろいろと集めたくなりますよね。 現在はコロナという非常事態が発生したために、You TubeやインスタなどのSNSでも公式に映像が見られるよう ...

続きを見る

ちなみに、プレミアムプランは月単位の課金で、日割り計算はないので、聞いた後にすぐ解約しても、月末に解約しても同じ料金が発生しますので、ご注意ください。

 

今回のれいこちゃんの放送を聞くために再登録をしましたが、料金内で聞けるので、あーちゃんとキキちゃんのも聞こうと思います。

ちなみに聞き忘れても1週間前の放送も聞けるのも嬉しい♪

お茶会もないので、こういうお話を聞けるタイミングは貴重だなぁと思います。

ぜひ、気になる方は登録して聞いてみてください。

-たわごと, 宝塚, 情報
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5