NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

たわごと 宝塚

月組の気になるスターたちのことを勝手にアレコレ考えている話

先日、月組公演を観劇しに行ってきました。

前回はあまり書きませんでしたが、れいこさんファン&月担なので、やっぱりいろいろ呟きたい!

ということで、勝手に気になっている生徒さんを挙げて、勝手な感想を呟いていきたいと思います。

あくまで根拠ゼロの妄想なので、温かい目で見ていただければ幸いです。

なんと7か月ぶりの公演!「WELCOME TO TAKARAZUKA」と「ピガール狂騒曲」

月組公演「WELCOME TO TAKARAZUKA」と「ピガール狂騒曲」を観に行ってきました。 公演再開のラストは月組だったので、なんと7か月ぶり。 月担&れいこさんファンなので、書きたいことはいっ ...

続きを見る

美しくて、面白くて、可愛くて困るれいこさん

今回のれいこさん(月城かなと)、見どころたくさんでした。

前も書いたのですが、2番手時代が長くてもいい!と思うくらい2番手男役時代が好きなので、今回もその美味しさを噛みしめておりました。

日本物のお化粧はとても難しいと思うのですが、れいこさんの白塗りには隙がありません

素顔も相当な美人ですが、どこの角度から見ても美しい白塗り姿と相まってより一層雅なお姿でした。

特に、女性の残像を残した男役が、鏡に映る男に導かれるようにして男役としての自覚が芽生えていく、という「花の巻」の場面。

赤いお着物を着て、手鏡をみるれいこさんの美しさったら息をのむほど!

すこし自信なさげな目線で手鏡を見ている姿はどこかはかなげで、ついその横顔に引き込まれてしまいます。

美しい人の憂いを帯びた表情ほど美しいものはない!

 

お芝居では、ムーラン・ルージュの支配人。

とても純粋で、真っすぐに夢を追ってきた愛すべきおじさんです。

ムーラン・ルージュのメンバーとの掛け合いや息もぴったり。

明るく楽しい場面もいいですが、舞台が失敗に終わってしまい、一人絶望の中で歌うシーンがすばらしい。

安定した音程と声量はもちろんですが、お芝居心がある歌声に胸が詰まります。

(すいません、贔屓です)

れいこさんのお芝居や歌、オーラ、全てがまた一回り大きくなっているようで・・・。

最後は珠様(珠城りょう)と結ばれるという、個人的には「!!!」な展開でしたが、

立派な珠城さんの肩幅を抱きとめるれいこさんが、さらにたくましく見えました。

 

実は以前に、れいこさんにはまだ2番手でいてほしいな、なんて書きました。

れいこちゃん(月城かなと)にトップになって欲しいはずなのに、二番手も捨てがたい話

次期月組トップスターは誰になるのか。 いつ発表になるのか。 月組ファンの私の最近の関心事です。   このまま順当に行けば、既に二番手羽根を背負っているれいこちゃん(月城かなと)でしょう。 れ ...

続きを見る

でも、今回の公演を観ていて、珠城さんがどっしりと立ってくれているトップスターさんだから、

2番手でいて欲しいなんて思ってしまうのかも、と思い始めました。

 

フィナーレで黒燕尾で二人が絡むところが一瞬あるのですが、がっちりした体格含め、二人が並んでいる姿が好きで・・・

まだまだ珠城さんと一緒に、バリバリの男役同士の敵として絡む姿が見たかった、と心から思いました。

 

次期トップの発表は宝塚の公演が終わってからでしょうか。

発表になるまで分からないけど、もし次期トップスターがれいこさんなら、やはり近くて見てきた珠城さんからのバトンを受け取れるのが一番幸せかもしれません。

 

娘役は天紫珠李推し・・・なのね

初日に公演を観た友人が

「じゅりちゃん(天紫珠李)が海ちゃん(海乃美月)を超えた」

と言っていました。

自分の目で見るまでは・・・と思っていましたが、今回の公演は明らかにじゅりちゃん推しでしたね。

じゅりちゃんがどうこう、ではなく、私は前から海ちゃんを推しているので、複雑な気持ちになってしまいました。

お芝居では、もちろん他の踊り子よりも海ちゃんの方がセリフや歌もありましたし、

他に役がないといえばそれまでですが、それにしても・・・物足りない。

ショーでは月の場面で、

ありちゃん(暁千星)とじゅりちゃん、ちなつさん(鳳月杏)と海ちゃんがペアとなり、

ピックアップされて踊りますが、本当に海ちゃんがきれいで、どれだけ見ていても飽きません。

フィナーレでは、銀橋から戻っていくれいこさんを、ニコッと笑顔で迎えてくれる海ちゃん。

もしれいこさんがトップになるならば、やっぱりトップ娘役は海ちゃんになって欲しいです。

超えた・超えてないなんて、私たち外野が勝手に騒いでいることですが、

きっとこのまま推されていくなら、じゅりちゃんの可能性が高そうです・・・ね。

【妄想人事】れいこちゃん(月城かなと)がトップならトップ娘役は誰に?

もしも順当に、れいこちゃん(月城かなと)が次期月組トップスターになるならば トップ娘役は誰になるのだろうか・・・   そこで、今回も何の根拠も信憑性もない、ただの1ファンによるトップ娘役予想 ...

続きを見る

 

月組のホープ、風間柚乃

歌劇の座談会で原田先生が言っていたように、「こじんまりとまとまらない面白みがある」おだちん(風間柚乃)

観ている限り、もともとのセンスや舞台度胸があり、そして代役などを経験してますますたくましくなったおだちんは月組のホープです。

今回もショーの「花の巻」の場面では、れいこさんの鏡に映った男役の姿を演じています。

れいこさんの番手があがったから何とも言えないですが、

今までならありちゃん(暁千星)と組んでてもおかしくなかったような場面ですよね・・・

背格好的にはおだちんとれいこさんの方があってるかもしれないけど

ショーでも話の中でキーとなる人物になっていますし、その存在感はますます大きくなっています。

 

そうすると・・・気になるのがありちゃんの存在。

ありちゃんは、なんでもできるし、間違いなくスターさんです。

もしかしたら、月組でいるのはもったいないかも・・・。

特におだちんがグイグイ来ている今、そう思わずにはいられません。

 

それにしても、月組は良くも悪くも路線や推されている生徒がハッキリわかりすぎる気がします。

他組のように、いろんな人を引き上げていくと、もっと面白いのになぁ。

 

役替わりの気になる下級生たち

今回、舞台上での人数を「原則55人程度に絞らなければならなくなった」ということで、

研5以下の下級生はA・B公演での役替わりとなっています。

ショーの中で美しい歌声を聞かせてくれる、

きよら羽龍ちゃんと静音ほたるちゃんのA班。

咲彩いちごちゃんと詩ちづるちゃんのB班。

どちらも少しだけソロがあるのですが、透き通るような高音の美声が聞けるので目にも耳にも嬉しい場面です。

おはねちゃん(きよら羽龍)はクルンテープの時に、珠城さんと美弥さんが二人で踊る「ブーア(蓮の花)」でも歌っていましたよね。

詩ちゃんは、宝塚巴里祭でコーラスをしていたので上手だろうなーとは思っていましたが、少しでもソロが聞けたのは嬉しかったです。

ノーマークだったほたるちゃんといちごちゃんもとってもお上手で!

これからも、ぜひ皆に歌える機会をたくさん作って欲しいです。

月組の娘役、歌うまさんが多いのでは!?(贔屓目全開)

 

そしてお芝居では白河りりちゃんと彩路ゆりかさんが気になる!

りりちゃんはIAFAでヒロインを経験済みですね。

今回はおだちんを突き飛ばすお役をしていました(笑)

踊り子ちゃんはたくさんいるのですが、表情も可愛いし、髪型のセンスも良くてすぐに見つけられました。

 

彩路さんはまゆぽん(輝月ゆうま)の手下の役。

とても線の細い生徒さんですが、セリフで叫ぶときなど、声がいいことに気づきます。

まゆぽん先輩にいじられていましたが、セリフも聞き取りやすく、小芝居も楽しそうでよく目に入ってきました。

 

今回は新人公演という貴重な機会がなくなってしまいましたが、本公演でもこのように頑張る下級生さんを見つけられる機会があって嬉しかったです。

 

珠様とさくさく(美園さくら)の退団を控えて、月組も変わっていく段階に入っているかもしれませんね・・・。

 

-たわごと, 宝塚
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5