NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

宝塚 観劇レポ

なんと7か月ぶりの公演!「WELCOME TO TAKARAZUKA」と「ピガール狂騒曲」

2020年10月15日

月組公演「WELCOME TO TAKARAZUKA」と「ピガール狂騒曲」を観に行ってきました。

公演再開のラストは月組だったので、なんと7か月ぶり。

月担&れいこさんファンなので、書きたいことはいっぱいありますが

一旦それは横に置いておいて。(笑)

まず今回は全体の印象を書きたいと思います。

 

今回はショーとお芝居の2本立てです。

  • 「WELCOME TO TAKARAZUKA」は和物(日本物)の宝塚オリジナルショー
  • 「ピガール狂騒曲」はシェイクスピアの「十二夜」をもとに宝塚版としてアレンジされたお芝居

 

ショーは日本が舞台、お芝居はパリが舞台で、二つの全然違うものが1つの公演で楽しめるのも宝塚の魅力。

その上、最後に比較的ボリュームのあるフィナーレがついているのが嬉しい!

宝塚のフィナーレは、やっぱりはずせない!

 

コロナの影響で、当初の予定からかなり後倒しになってしまった今回の公演。

宝塚版のプログラムの中、脚本家の先生が書く公演説明のページを読むと、コロナ禍でどのように対策、工夫をしてきたのかが分かります。

笑いが起きる場面も多く、大人も子供も、宝塚を観たことがない方も楽しめる公演ですが、

裏にはたくさんの人が頭を悩ませながら、生徒を守りながら、再開にこぎつけてきたのだと、改めて観劇できることに感謝しました。

 

集中して観ていたら、あっという間の和物ショー

今回の1幕目は和物、つまり日本物のショーです。

日本物のショーは洋物のレビューに比べると、あまり上演される回数が多くないので新鮮!

ウェルカム、ウェルカム言われすぎて、途中ちょっと笑えてきたけど!

 

生徒さんも実際に舞台に立ってからもなお、白塗りのお化粧に手探り感が見えるのも面白いです。(笑)

宝塚らしい艶やかさを堪能

日本物といえば、やっぱりチョンパですよね~!

拍子木の音と共に、ライトがつくと・・・艶やかな着物をまとったタカラジェンヌがずらり!

分かっているのに、何度観ても華やかさに「おぉ~~!!」と呟いてしまいます。

壮観です!

お着物もキラキラなのに、上品さもあって本当に素敵ゴージャス。

ライトが普段より明るく舞台を照らしているので、扇子を持っている指先までよく見えます

洋物のお衣装の時にはあまり観る機会がない、しなやかな動きや涼しげな目元も、日本物ならではですよね。

目の大きな生徒さんは、半目にしているってよく聞きますよね(笑)

 

どこからともなく美しい歌声が聞こえてくる・・・と思っていたら、舞台の奥で娘役2人が歌っています。

Aパターン(きよら羽龍・静音ほたる)とBパターン(咲彩いちご・詩ちづる)のどちらも観劇しましたが、どちらも美声!!

歌声の美しい娘役下級生さんに出会えるのは、とっても嬉しい!

 

個人的には、れいこさん(月城かなと)の鏡のシーン・・・というより、れいこさんの存在が美しすぎて、毎度引き込まれています。

天性の美しさプラス、雪組仕込みの経験の賜物なのか・・・とにかく美しくてため息モノです。

 

群舞としての迫力

宝塚の魅力のひとつが群舞だと思っているのですが、今回のショーでは第4場「月の巻」で観られます。

舞台の後ろに見える細い三日月が満月になっていく様を、月の王様(?)である珠城さんを中心にした、さまざまなフォーメーションを使って表現しています。

曲はベートーベンの「月光」をボレロにアレンジしているそう。

クラシック×日舞という組み合わせのように、お着物×キラキラのヘッドドレスという、古典とモダンのミックス具合が魅力的です。

ちょっと長めの場面で、舞台も暗いので、お疲れの方は眠くなるかも…(小声)

 

初舞台生と最上級生が同じ公演にいる

今公演で退団される、特別顧問であり最上級生のみえこ先生(松本悠里)と今年初舞台の106期生が同じ公演に立っています。

もはや公式にはいつが初舞台なのか書いていないですが・・・

Wikipediaによると1957年に歌劇団入団と書いてあるので研64ということになりますね・・・

お年を考えると体力も体幹もやっぱり並みじゃないです。

そんなみえこ先生は、小柄でありながら、着物の重たさを感じさせないしなやかな動きで、

着物さばきも美しく、指先の優雅さはいわずもがな。

からんさん(千海華蘭)、ぐっさん(春海ゆう)、蘭くん(蘭尚樹)の3人衆との別れの切ない表現も優美でした。

 

一方で、今年の初舞台生たちは、初々しくて、まだ化粧もちょっと下手で可愛くてたまりません(笑)

これからの宝塚を背負っていく39名の、はじける若々しさを観ているとこちらも元気になります。

 

宝塚を知らなくても楽しめるコメディ

月組では「All For One」でもありましたよね。

男なの?!女の?!という展開(笑)

今回は、影武者を使いながら、男性も女性も珠城さん(珠城りょう)がどちらも演じており、

最後には「性別なんてどっちでもいいじゃない!」という、現代にぴったりの大団円です。

月組らしい地に足着いたコメディ

下級生から上級生まで、お芝居好きが多いイメージの月組。

BADDY!みたいなぶっとんだショーも、今回のようなコメディも、お芝居の軸や全体の流れを壊さずに面白くしてくれるところが、月組の魅力だよねーと思って観ています。(贔屓目です)

私は宝塚大好きなので、アドリブや内輪受けの笑いになっても楽しめますが、初めて観る方がポカンとなってしまうのはちょっと寂しいと思うので。

そういう意味でも、今回の「ピガール狂騒曲」は宝塚を観たことのない方でも、子供でも楽しめるストーリーや展開になっていると思います。

1回では全く目が足りない

まぁ、いつも言ってるんですけど。やっぱり今回も目は足りません。(笑)

登場人物も多く、色んなお役が舞台のあちこちで動き回っています。

月組は小芝居も結構凝っていて面白いので、ぜひ観て欲しいところ。

お芝居には直接絡まないのですが、ありちゃんが(暁千星)のフェッテが相変わらずすばらしいので見惚れていると、

下手(しもて)側でおだちん(風間柚乃)が大変なことになって(ここはネタバレになるポイント)いたり、

ちなつさん(鳳月杏)とるねくん(夢奈瑠音)の掛け合いが楽しかったり、

夢見るおじさんのれいこさん(月城かなと)率いる芸術家チームが可愛かったり、

まゆぽん(輝月ゆうま)率いる女衒(ぜげん:女性を遊女屋に売る職業・・・!)チームの人間関係が面白かったり、

とにかく目が足りない。

いろんな人の人生が、ムーラン・ルージュの周りで展開しています。

1回目はぜひストーリーを追っていただき、2回目以降は周りの芝居にも注目していただけると嬉しいです!(わたし誰だよ)

お衣装も素敵

宝塚のお衣装はいつも素敵なのですが、今回もとても好み。

特にお芝居でさくさく(美園さくら)演じる女流作家のガブリエルが着ているお洋服。

ウエストがきゅっと締まっていて大胆な柄なので、さくさくのはっきりした顔立ちとナイスなバディにぴったり。

フィナーレのドレスも体にそったデザインで、まさに・・・!

それにしても、さくさくがますます美女になっていませんか?!

 

「赤と黒」の時のような、はかなく男に翻弄されてよろめく婦人姿も相当美しかったですが、

今回のように気が強く、筋の通った大人女性も素敵に魅せてくれて、本当に素敵なトップ娘役になったなぁと嬉しくもあり、寂しくもあり。

 

ラインダンスやれいこさん、さくさくのお衣装と羽根に使われているくすみブルーとくすみピンクも、画像で見る以上に素敵な色合いでした。

お衣装まで夢の世界に浸らせてくれます

 

シンプル黒燕尾のたぎる男役群舞

月組のフィナーレで、このようなシンプルな黒燕尾は久しぶりで凄く嬉しいです。

しかも、羽山先生の振り付けが最高すぎます。

男役群舞の最中にいくつかのグループに分かれ、順番にセンターに居るトップさんと絡んでいきます。

この時ぜひ、からんさん(千海華蘭)を観てください。

芝居中ではあんなフラフラ~したおじさん(笑)ですが、ダンス踊っている時のからんさんは超キレッキレで同一人物!?と驚くほどのかっこよさです。

 

そして最後は2番手スターのれいこさんが珠さまと絡む!

もうね、最高。

大好きです、こういう振り付け。

ドンドコドンドコと響く太鼓の音が、客席側の血もたぎらせるので興奮して目が離せない!

マスクの中は汗まみれです(笑)

 

宝塚らしさ盛りだくさんで、みんなが楽しめる公演

コロナでストレスを感じがちな最近。

宝塚の優美な世界と明るく楽しい時間を過ごせる今回の2本立てを見ると、その3時間だけでもストレスが軽減される気がします。

そして何より、宝塚を知らなくても、タカラジェンヌの名前を知らなくてもきっと楽しめるのが、今回の公演。

お時間と状況が許すようなら、ぜひ月組公演を観にいきませんか?(だから、私は誰)

 

 

-宝塚, 観劇レポ
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5