NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

暮らし

中国出張に必要な持ち物10選 必須なものから女性が快適に過ごすためのものまで 

2020年5月14日

海外出張は長距離の移動もありますし、コンパクトな荷物で行きたいですよね。

でも何が本当に必要なのか、あれもこれもと考え出すとなかなか準備が進まないことってことはありませんか?

特に中国出張に行かれるのは男性が多い傾向があり、女性の立場から何をもって行ったらいいの?!と悩むことも。

2015年からの3年間、年10回以上中国出張をしてきた私が女性目線から、

  • 絶対に必要なもの
  • これがあったら快適に過ごせるもの

をそれぞれ5つずつご紹介します。

絶対に必要なものベスト5

1、有効期限内のパスポート

海外に行くなら当然ですよね。

ちなみに、結婚して姓が変わった方でパスポートの後ろに特記事項のスタンプを押してもらうことで対応できると聞いている方もいると思います。

もちろんチケットは購入できますし、飛行機にも乗れますが、中国の内陸部へ行く場合は可能な限り新しい姓での取得し直しをおススメします。

中国では結婚することで姓が変わることがありませんので、名前の確認はあくまで顔写真とサインが書いてあるページだけで行います。

その為、何度となくパスポートの写真のページに印刷してある姓と航空券と姓が違う、と指摘されたことがあります。

説明をすれば通してもらえるのですが、内陸での乗り換えで何度となく指摘され、上司への確認のために待たされ、というのが続いたので、面倒になり有効期限1年を残して新しい姓で取得し直しました。

2、VPN機能付きWiFi

都市ではカフェやレストランでも当たり前のように無料Wi-Fiが使えるところが増えていますが、やはりセキュリティは少し心配です。

以前同僚が中国のスタバで無料Wi-Fiを使ったあとから、変なメッセージが届くようになったと言っていました。

(もちろん、それが原因のすべてではないかもしれませんが)

また、今や日常生活に欠かせないLINE、インスタ、ツイッターなど、日本では当然のように見ることができるSNSも中国では開けないものばかりです。

そんな中国でもVPNという機能を通せば、日本にいるときと同じようにSNSを楽しむことができます

VPNはインターネット上に設けられた仮想の専用線でルートを確保し、その中で情報をやり取りする機能。

情報統制の厳しい中国では欠かせません。

私は毎回グローバルWi-Fiさんにお世話になっています。

3、VISAかMasterのクレジットカード

支払いはクレジットカードで、という方が多いと思います。

基本的に上海近郊で外国人が宿泊するくらいのレベルのホテルであれば、支払いはクレジットカードで問題ありません。

ただ、JCBは対応していないところもあるので、なるべくVISAかMasterが安心です。

空港のお土産ショップや高級百貨店などを除き、現地のスーパーや普通のレストランはあまり海外のクレジットに対応していませんので、そこで使う分くらいは現金を持っていくと安心です。

4、モバイルバッテリー

SNSのチェックはもちろん、タクシーを呼んだり、地図アプリを使ったり、レストランの口コミを調べたり、写真を撮ったり。

スマホやWiFiが欠かせないとなると、やはりバッテリーも必要ですね。

充電切れにならないよう、常に最低一回分はフル充電できるだけのバッテリーを持ち歩いています

ちなみに中国からの帰国の際、モバイルバッテリーは必ず手荷物として機内持ち込みが必要です。

(100Whを超えるモバイルバッテリーは航空会社に申請が必要だったりします)

5、ポケットティッシュ

中国でも買えますが、ぜひ日本から持っていくと安心です。

一見きれいな百貨店のお手洗いでも紙がないことはよくあります

お手洗い以外でも、食事をする際に食器を熱湯で洗った後、食器の側面を拭いたり、手を拭いたり。

中国の人はハンカチを使わないのですが、確かに出張中はティッシュで汚れや水を拭いて捨てる方が衛生的にも良い気がします。

最近は減りましたが、日本の街中で配っているのはありがたく頂いて、出張の時には必ず持参しています。

快適に過ごすためのあったら便利ベスト5

1、パジャマ

四つ星以上のホテルであればバスローブがついていると思いますが、欧米の体の大きな方でも使えるようなサイズなので、すごく重いです。

寝ている時は腰ひもの結び目が体に当たって痛いし、朝には必ず脱げているし(笑)

快適な睡眠時間には程遠いと思っているのでパジャマを持参します。

睡眠中だけでも自分の肌や身体に合うものを身に着けていると疲労感も軽減します。

2、歯磨きセット

中国のホテルに備え付けの歯ブラシは、まだ無料で提供されているところが多いです。

ただ、ヘッドが大きくて磨きづらかったり、歯磨き粉の量が少なくてすっきりしなかったり、と痒いところに手が届くような歯ブラシではないことも。

滞在中は、中華料理には欠かせないにニンニク、ニラや白菜のような繊維質の野菜を食べる機会が多いですし、味の濃いお料理も多いので口臭予防にも歯磨きはしっかり行いたいところ。

特に奥歯の歯間にモノが挟まっていると口臭の原因にもなるので、しっかりフロスも通すことをおススメします。

日本にいる時よりもかなりごっそり取れてギョッとします。

3、ありとあらゆる乾燥対策

どこのホテルに泊まっていても、必ず髪の毛がギシギシになったり、肌や唇がパリパリに乾燥してきます。

中国の水道水は硬水であることや殺菌が強いことなど水問題が関係している上に、基本的にホテルは乾燥していますのでいつも以上に注意が必要です。

シャンプー、コンディショナーは必ず日本から持参し、アフターバス用のヘアトリートメントやクリームをしっかり塗って、毎日パックするくらいでちょうどいいと思います。

喉を傷めることもあるので、寝るときにはマスクをしたり、バスルームの扉も開けておくことをおススメします。


1つで全身に使えるニベアの青缶はとてもおススメ!

 

4、生理用品

日本の大手ブランドの製品でも日本で販売されている物とは紙質が違います。

ふんわりサラリとした肌に優しい質感は日本のものが一番ですので、予定がなくても念のために持参した方がいいと思います。

使わなければ現地の同僚にあげても喜ばれます。

また、タンポン使用者は必ず持参することをお勧めします。

日本で販売しているもののように、手軽にしっかり装着できるものは一般のスーパーでは見つけられていません。

5、ウコンの力

中国で接待をしてくださる時、必ず出くわすのがお酒問題。

40度以上の白酒(バイジウ)を頂くことも多々あり、美味しいのですがやはり出張中は翌日のことも考えなければなりません。

そんなとき、現地駐在員さんからおススメされたウコンの力。

酔っ払いはしますが、リカバーが早く身体の負担が軽いので重宝しています。

中国でも中国法規に合わせたものが「姜黄之力」としては発売されていますが、日本で発売されている顆粒のものを持参すると安心です。

 

まとめ:最低限必要なもので快適に

異国への出張はやはり心身ともにストレスを感じることが多いと思います。

なるべくストレスを減らして快適に過ごせるようになると、仕事への集中力も増し、ハプニングなどにも広い気持ちで対応できると思います。

必要最低限の荷物で、コンパクトに快適な出張をできるといいですね。

-暮らし
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5